保育士免許までのスケジュールをわかりやすく紹介

保育士免許試験を受ける場合

毎年、11月末になるとハラハラ・ドキドキする保育関係者も多いのではないでしょうか?そう、毎年11月末あるいは12月初旬は、保育士試験の合格発表が行われるからです。受験生だけでなく、周りの人も、合格・不合格の行方が気になりますよね。この日の合格発表をもって、その年の試験のスケジュールがすべて終了するわけですが、試験の手続きは4月から始まります。もう一度、保育士免許取得のための一年間の基本スケジュールを確認しておきましょう。

ゴールデンウィーク明けまでに受験申請を完了

毎年4月から、その年の保育士試験スケジュールがスタートします。受験するためには、「受験申請書」を提出する必要があります。提出期限が定めらているので、期日までにすべての書類を揃えたうえで受験申込書を提出しましょう。例年、申し込み期限は5月のゴールデンウィーク明けとなっています。無事、手続きが完了したら、7月の中旬に、自宅に受験票が送られてきます。受験票が届くと、いよいよ試験が近づいてきたという実感が沸きますよね。運命の日まであとわずかです。

筆記試験そして実技試験と続く

例年、8月の第1土曜・日曜に筆記試験が実施されています。筆記試験の試験結果については、約1月後に郵便で通知されます。筆記試験合格者には、合格通知書と一緒に、実技試験の受験票も送られてくることになっています。封筒の厚みによって、合格か不合格かがわかるというベテラン受験生もいるそうです。10月中旬に実技試験が終了すると、あとは11月末または12月初旬の合格発表を残すのみとなります。このときに一年間頑張ってきた成果がでるといいですね。

非正規雇用ではなく、正社員で保育士の求人を東京で探すならばハローワークで探すことです。詳しい条件や勤務内容が記載されており自信の希望する条件の求人がいち早く見つかります。