伝え方が大事!美容師さんに注文するときのコツ

写真持参がベストです

美容院でどんな髪型にしてほしいか注文するとき、どのように伝えているでしょうか。全然気に入った髪型にならなかった、と毎回不満に思う人は、もしかしたら伝え方がまずいのかもしれませんよ。美容師さんもエスパーではないので、こんな髪型にしてください、とハッキリイメージを伝えなければ分かってくれません。口頭で「女優の誰々のボブみたいに」などというのも良いですが、できれば写真を持って行ってみせるのがベストでしょう。

写真は複数枚持って行くとなおよし

写真も、一枚だけだとイメージが伝わりにくいので複数持って行くとさらにいいでしょう。また、正面顔のキメ顔の写真だけでなく、横向きのものなどがあるともっといいです。雑誌やグラビアではなく、バラエティ番組を写メしたものなどを見せるのも手です。これなら自然なスタイルが把握できますし、いろいろな角度から髪型を見ることができるからです。仲の良い美容師さんなら、スマホで大量の写真を見せながら相談してもよいでしょうね。

あまりこだわりすぎないこと

「このモデルさんの、この髪型にそっくりにしてください」という注文は避けたほうがベターです。というのは、顔の作りはもちろんですが、頭の形や毛の流れも違うので、他人とそっくりな髪型というのはなかなか難しいのです。場合によっては「この髪型は似合わないのに」と思いながら美容師さんがしぶしぶ切ることにもなります。何人か好みの髪型のモデルさんを提示して、「このうちのどれか、私に似合うスタイルでお願いします」とお願いすると美容師さんもやりやすいです。

美容師の求人の正しい選び方は自分に適した内容を探し、仕事を通してやりがいを感じて働けるように決める方法が望ましいです。