子育てしてると自分も成長してるかも!子育てのすばらしさ

子供は親の背中を見て育つ

読者の皆さんの中にも、ご自身がママである方も多いのではないかと思います。かく言う筆者も2児の母です。毎日あーだこーだと怒鳴り散らしながら、そのうちご近所から通報されるのではないか、とすら思うほど朝から晩までバトルを繰り広げています。しかし、そんな子供達でもかけがえのない宝物!そして血の気の多い母から生まれた2人の子供たちも「そりゃママの子だもんね」と言うミニチュアです(笑)血を争えないのと同時に、どこかで妙にたくましく育ってしまった母の背中を見ながら成長しているのではないか、と思ったりして。

自分の育った環境をお手本に

母親の立場であれば大抵そうなるのではないでしょうか?筆者の身近な友人たちも同じように子育てをしています。自分の実家の流儀、と言うのも大袈裟ですが、自分が両親にどうやって教育されてきたか、身をもって覚えてきたことすべて、我が子に教え継いでいく・・・そう言ったことです。自分たちが今まで人様に失礼のない、常識外れな事をしてこないで来れたのは、両親の教育によるもの。それをそのまま自分なりに噛み砕いて子供たちに叩き込んでいく、という方法です。旦那さんは基本どのご家庭でも共通して「ママに任せる」のスタンスが多いようなので正直やりやすいのはやりやすいでしょうね(笑)

人に教えると言うこと

いくら教育する相手が自分の子供たちであっても、1人の人間の人生を教育していくと言う重大な任務なのです。間違えたことを教えてしまえば、子供たちも間違った解釈をしていってしまう・・・責任重大です。どんなに怒鳴って怒鳴っての喧嘩ばかりの親子でも、何かを子供教えると言う親子愛から来るパワーは相当なものがあるのではないでしょうか。筆者は、人に教えることにより自分も再確認が出来、結果的に自分自身も成長することが出来ているように感じました。子供の教育は、自分への教育、そして自分が成長するための有意義なチャンスでもあるのかもしれませんね。

主婦のパートは子供が学校に通学している9時~15時の間で働けば空いた時間を有効活用できるので探してみると良いでしょう。