フォークリフトの乗り方や種類についてお話します

フォークリフトに乗るには免許が必要です

フォークリフトを工場内の敷地で乗る場合でも、フォークリフトの運転免許証が必要になります。この運転免許証は、2日間くらいの講習で取得できるようになっています。フォークリフトの運転免許証を取得する為の試験は、学科試験と実地試験によって行われます。学科試験は、講習中に試験に出る箇所を教えてもらえるので、とても合格しやすいです。後は、実地試験に備えて、フォークリフトの運転に慣れておく事が必要になってきます。

フォークリフトはエンジン式とバッテリー式があります

フォークリフトの動力は、エンジンでできているものと、モーターでできているものがあります。エンジンでできているものの燃料は、ガソリンや軽油になります。モーターでできているもののエネルギーは、バッテリーになっていて、定期的にバッテリーの充電が必要になります。エンジン式のフォークリフトは、クラッチ操作が難しいですが、バッテリー式のフォークリフトは、オートマティックになっているので、運転が楽になっています。

座って乗るタイプと立って乗るタイプがあります

フォークリフトには、2種類あって、座って乗るタイプのものと、立って乗るタイプのものがあります。座って乗るタイプのものは、フォークリフト自体の重量が重い場合が多いので、走行が安定していて、荷物を運ぶ時に安定した走行ができます。立って乗るタイプのものは、リーチ式と言って、狭い場所でも搬送ができるように、小回りが効くタイプになっています。リーチ式のフォークリフトのブレーキは、踏み込むと走行して、離すとブレーキがかかるので、注意が必要です。

フォークリフトに乗るには、フォークリフトの運転免許を持っていないといけないので、フォークリフトの求人では、フォークリフトの運転免許を持っている人を対象に募集しています。