アルバイトをしているのは収入のためだけではない

ファストフードのアルバイト

短かに、海外の製品を扱うアルバイトをするなら、ファストフードを思いつくことでしょう。ハンバーガーやドーナツ、コーヒーと扱う商品は色々ですが、サービスはファストフードに共通するものがあります。スマイル、笑顔と迅速さです。ファストフードと呼ばれるだけに、早くて難なくお腹を満たすこの便利な業界を選ぶのは、だれもが何回かは行ったことがあってファミリアに感じる空間だからではないでしょうか。学生の多いこの分野、プライドをもってスマイルしているスタッフはとても多いのです。

おいしいアルバイトは得なのか

忙しくて、副業としてアルバイトをしている場合、短時間でたくさん稼ぎたい人は大半、でも家庭教師やアルコールの分野は、選んでやらなくてはいけません。家庭教師なら、先生となる人の出身校や、子供に対する対応を親に細かくチェックされます。大学生なら同じ学生としてそんなに厳しくはみられませんが、社会人で家庭教師をすると、結構細かく条件がつけられます。アルコールの入った居酒屋などでのアルバイトは、スタッフ以上のものが初めから期待されます。学生の副業としてはサービス精神がもともと強い人じゃないと結構嫌な目にあいます。

地方のアルバイトスタッフ

地方で、都市にはいったこともない。そんな人が大きなチェーン店や、高級商店などにアルバイトすると、ちょっと気取ってしまう人も多くいます。地方であまりお客さんが来なくて、その豪華な店内でぼーっと遊んだりおしゃべりして、制服を着た自分に惚れ込んでしまうのです。また流行っているチェーン店などでは、もしかして、自分に会いにお客さんが来ているのではないか、、、などと思い込んで、半分タレントみたいな気分になってしまう人もいます。本当は仕事を通じて大人になって欲しいのですが。

コミュニケーション能力が優れているなら、接客業が適しています。接客の求人を探している時は、求人サイトで重点的に検索する方法が有効です。